読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏

迷走中

記事一覧

手裏剣戦隊ニンニンジャー 1話 感想

特撮
ニンジャすげえ。

今回の話は、後のアカニンジャが里帰りしたところに後の手裏剣戦隊メンバーが集結して戦いに巻き込まれていく話。サブタイトルは「俺たちはニンジャだ」
本放送前から番宣で親子三代を強調していたり、ロボットが忍者走り?しているところが気になっていたので見た。

まず戦隊メンバーの構成が面白かった。道場の息子とその妹、帰国子女の男に女子大生。黄色だけ悪戯好きとかいうよく分からないキャラづけだったけど。全員親戚なんだっけ?
アカ以外の戦隊メンバーに変身アイテムを渡す時、変身アイテムの刀が入った竹が地面から生えてくるところが格好良かった。

次に忍者戦隊の相手に関して。
戦う怪人が敵の親玉を封印していた手裏剣が変化した存在であるところが興味深かった。
カマイタチの怪人がチェーンソーみたいな装備で格好良かった。

最後に怪人が巨大化した後の戦隊シーンについて。
戦隊ロボットが登場するシーンが可笑しくて良かった。ビルから仕掛け扉みたいに出てきたり、偽装していた新幹線というかリニアモーターカー?から外套を取るように現れたり。
合体前の戦闘シーンも面白かった。道路を畳返しみたいに使ったり、またビルを仕掛け扉みたいに使っていて。
ロボットの合体シーンでメインの赤い機体が白い犬みたいな機体に引っ張られているところが、飼い犬に引っ張られる飼い主みたいで可笑しかった。そういえば白い機体に乗っていたシロニンジャはアカニンジャの妹だから、二人の関係性を表しているみたいで興味深い。
合体した戦隊ロボの外見が神輿というか椅子みたいになっていて、合体した後でもメインの赤い機体だけ独立して行動しているところが興味深かった。操縦席も神輿みたいな形になっていてなんだか可笑しかった。