読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏

迷走中

記事一覧

花燃ゆ 5話 感想

つらたん。

 

今回は寅次郎と重輔が獄中に入ったあと、文が重輔の母と出会う話。

 
冒頭では重輔の母が文を、息子を巻き込んだとも言える寅次郎の妹だと知らずに言葉を交わしていたのが切なかった。
 
藍染でマニキュア的表現をしていたのが面白かった。
 
獄中の自由時間みたいなところが気になった。
 
寅次郎は当初獄中でも曇らずにいたのに、囚人相手に簡単に心を乱されていたのが見ていて辛かった。
追い討ちをかけるように、文からも問い詰められている寅次郎が見ていて辛かった。
 
ボタンの話が良かった。
 
病気は嫌だけれど、重輔のひたむきな姿は憧れる。